英語学習においてTOEICの勉強方法はどうすればいい?[300~400点編]

英語学習においてTOEICの勉強方法はどうすればいい?[300~400点編]

2019年3月20日 0 投稿者: Goal
Pocket

英語学習において

TOEICの勉強方法はどうすればいい?

[300~400点編]

こんにちはGoalです!!

今回は僕が英語を勉強してきた一環としてTOEICの勉強方法についてお話していきたいと思います。

英語の勉強法は無限にあると思いますが、今回は僕がおすすめする考え方から始める勉強法を教えます。

よく多いのが勉強法を試してみたが、伸びない、しゃべれるようにならない、など多くの悩みを抱えている方が多いと思います。

そんな悩みを抱えている人たちへ実際に勉強をして、どうしたほうが効率的なのか、何をすれば英語を身に着けることができるのかを教えます。

 

 

1.まず英語学習を始めようと思っている方へ



まず300点~400点にいる方たちは二つに分類されます。

 

①基本的な英語の知識がそこそこあるが使い方がわからない

②そもそも英語に関して、自信がない、英語が分かっていない

 

に分けられます。

①のような方は英語の勉強をしたことがある、もしくはTOEICの勉強をしたがあまり良い点数を取ることができなった人たちのことです。

この方たちは比較的に伸びやすいです。なぜなら基礎やTOEICの知識がそれなりにあるからです。

こういった方はもともと英語に対して苦手意識をもっていて、英語を勉強したいけれどなかなか伸びない方や、そもそも英語が嫌いという方が多いです。

②のような方はそもそもの基礎がなく勉強をしたことがない方です。

TOEICにおいて300~400点の方はどんなに勉強ができていなくてもこのぐらいの点数を取ります。

なぜならTOEICはマーク方式なので選択肢で1/4がたまたま当たるためです。

バカにしているわけではなく、これは事実としてあります。

だからこそ今回はこういった記事を書き、失敗しないためにTOEICの勉強法を学んでいただきたいのです。



2.TOEIC L&Rで大事な英語スキル

 

まず英語や他の言語で大切なスキルが次のようなものになります。

 

 

この4つのスキルが英語力につながります。

そしてTOEIC L&Rという文字の通り、リスニングとリーディングが問われます。

ここでポイントなのですが、

リスニングやリーディングは比較的に勉強すれば伸びやすいのに対し、スピーキングやライティングは短期的には伸びにくいという事実があります。

なのでポイントなのですが、TOEICは短期的に伸びやすいです

 

ここまでが300点~400点の方が知っておくべき前提の知識です。

 

 

3.具体的な英語学習方法

 

 

リスニング編

 

リスニングは耳で慣れているか、と

どれだけ英単語の発音を知っているかになります。

確かに、リスニングの方法やどうやって問題を回答すればやりやすいかなどの方法はありますが、この二つの要素によってリスニングができるかできないかの大きなくくりで分かります。

確かにTOEICのリスニングとほかのテストの違いや、英会話においてのリスニングは違うので、という意見はわかります。

ですが、英語を聞くという意味のリスニングにおいてはこれらの要素が重要になってきます。

 

具体的な勉強法



まず英語に対して耳が慣れている、という条件ですがこれに対する勉強法としてまず第一にTOEICの問題をシャドーイングをすることです。

シャドーイングとは何なのという方は、こちらの記事をどうぞ!

シャドーイングはそれなりに難しいので短文のシャドーイングをしていきましょう。

例えばTOEICでリスニングは4Partありますが、ねらい目としてはやはりPart2です。

これはそれなりに短くて、問題の内容としてもわかりやすいので、シャドーイングに向いています。

これを一日でやる時間、もしくは一週間でやる時間を自分の中で設定し、継続していきましょう。

また、続けていくうえで何が聞き取れて何が聞き取れなかったのかを、紙に書いていきましょう。

そうすることで自分の知らない単語が頭にしみついていきます。

 

やめておいたほうが良い勉強法

 

 

  • 洋楽を聞きながら耳を英語にならす
  • 洋画を日本語字幕で見る

 



まず洋楽を聞きながら英語を聞くというのは、ことリスニングを養うことには悪くはないです。

ですが、300点~400点方たちには少し荷が重いかもしれません。

大事なのはステップアップです。

20Lvでは魔王には勝てないですよね?

20Lvならそれ相応の装備とそれ相応のLvが必要ですよね?

なのでLvアップを重ねてリスニングも養っていきましょう。

 

次に、洋画をを日本語字幕で見ることですが、僕はあまり意味がないと思っています。

というのも、やり方があまりよくないのです。

リスニングができない時期では日本語字幕を見てもどんな英単語がつかわれているかよくわかりません。

確かに、部分で英単語を聞き取れるので悪くはないのですが効率は良くないです。

特にTOEICにおいて総合的なリスニングはあまり問われていませんし、そもそもカジュアルな単語は、ほぼ使われません。

なのでこういった娯楽に近い英語を聞くというのをTOEICに持っていくのはとても非効率です。

やめておきましょう。

 

リーディング編

 

リーディングにおいて大事な要素は、単語をどれだけ知っているかやどれだけ英文を読んだかがポイントです。

ですが、ことTOEICとなると話は少し違います。

テストに向けた英語勉強としてリーディングを勉強するならこれプラスTOEICに対する対策が必要です。

例えば、どういった文章が出てくるのか、どういった問題がどのような形式で出るのか、どうすれば回答しやすいのか、などです。

 

これらのいくつも能力をリーディングでは問われます。なのでリスニングのように一筋縄ではいきません。

まずつけなければならない能力をリストアップします。

 

 

  • 読解能力
  • 単語力
  • 類推力
  • 速読力
  • TOEICのリーディング知識

 

 

これらがTOEICのリーディングで必要とされる能力です。

どうやったらこれらの力がついていくのか書いていきます。

 

具体的な勉強方法



 

いくつかのステップに分けて勉強方法を提案したいと思います。

 

ステップ1


TOEICの問題集をコピーする(セクションごとに)

 

ステップ2


長文問題を解く

 

ステップ3


わからなかった英単語を書き出す or 書き出す

 

ステップ4


理解出来ない文をに自分の色で下線を引く

 

ステップ5


文を理解したうえで間違った問題の原因を分析する

 

以降これの繰り返しです。

解説をしていきます。

 

ステップ1


長文と問題を印刷して紙にします。こうすることで何回も繰り返して問題を使い古すことができます。

何回選をひいてもよいですし、どの単語が分からないかをまるで囲ってもよいです。

自分だけの紙を作りましょう。そこにあなたの苦手な部分や問題点が見つかるでしょう。

 

ステップ2


まず問題を解きましょう。どの部分が分からなくて、どこが問題だったのかを明らかにするためにも一回問題を解きましょう。

そこにあなたの弱点が見えてくるはずです。

問題を解くのは時間をはかって解きましょう。

本番と同じ時間でどれくらい解けるのか、自分はこの問題にどれくらい時間がかかるのかを自分で知っておきましょう。



ステップ3


わからない英単語に印をつけましょう。そうすることで、自分はどの単語が分からなかったのか、どの分詞が分からなくて分を理解することができなかったのかを理解することができます。

そのあとに、自分だけが分からない単語帳を作りましょう。

僕の場合はマメな性格じゃないので、上から単語を書き出して、上から意味を書いて覚えていました。

ステップ4


理解できない分に印をつけましょう。なぜ理解できなかったのかを理解するまでが、この工程のゴールです。文法、単語力、イディオム、間違って覚えた知識、これらのどれかに分類し、自分なりの苦手を見つけましょう。

それを繰り返すことで、苦手を克服でき、長文の読解の能力が上がっていきます。

 

ステップ5


これらのすべての工程を得てなぜ問題を間違えてしまったのか確認しましょう。

例えば、ケアレスミスならもう少し、速読力を上げより正確に文章を読めるようにしましょう。

そのほかにも、問題文を勘違いしてたりいろいろな原因があると思います。自分なりに分析して、なぜいけなかったのかを試行錯誤しましょう。



4.TOEICを受けるときのミクロなポイント

 

  • 問題を解くときは問題文から解こう!
  • リスニングで大事なのは最初の5H1W!
  • 問題にある単語を長文の中から探そう!
  • 時間を毎回測って練習しよう!
  • 文法は答えから学んでいこう!
  • 文法問題は文の前後から類推して答えよう!
  • 時には問題を捨てることを覚えよう!

 

 

5.どの英語教材を使うべきか?


基本的に何がいいとかはなく、自分が気に入ったものを選びましょう。

しかし、TOEIC用の単語帳一つと、問題集があれば十分です。

問題集は公式問題集が一番良いです。

 

https://www.amazon.co.jp/%E5%85%AC%E5%BC%8F-TOEIC-Listening-Reading-%E5%95%8F%E9%A1%8C%E9%9B%86/dp/4906033547/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1553082511&sr=8-1&keywords=TOEIC

 

 

6.まとめ



300点から400点にいる方はそこまで点数を挙げるのは難しくありません。なぜなら小手先の技術を駆使すればそれなりの点数が取れてしますからです。

変な話をすれば、単語と解き方を知っていれば何とかなります。

次は400点~600点話をしていきたいと思います。