紙幣、貨幣刷新、新日本円の刷新は何が違うのかまとめてみた

紙幣、貨幣刷新、新日本円の刷新は何が違うのかまとめてみた

2019年4月9日 0 投稿者: Goal
Pocket

 

どうもゴールです!(@Goal_mmm :Twitter)

 

今回は日本円が刷新されるということでそのことについて書いていきたいと思います!

 

実際のお札のことや、刷新されることの意味について調べてみました。

 

概要

 

麻生太郎財務相は4月9日の閣議後に記者会見を行い、一万円、五千円、千円の紙幣と500円貨幣を全面的に刷新すると発表しました。

現在の紙幣は2004年に発行されたもの。新紙幣は2024年度上期をめどに発行される予定だそうです。

 

日本経済新聞によれば

政府・日銀は2024年度前半に千円、5千円、1万円の各紙幣(日本銀行券)を一新させる。麻生太郎財務相が9日午前に発表した。刷新は04年以来となる。千円札の図柄は北里柴三郎、5千円札は津田梅子、1万円札は渋沢栄一になる。「平成」から「令和」への日銀機運を盛り上げる。自動販売機などの関連需要が生まれるため、景気刺激の効果もありそうだ。

 

と書いてあります。

 

要するに。、目的としては新しい元号の機運を高め、景気を刺激するのが狙い、ということですね。

 

ところが

麻生さんは、景気刺激が目的ではなく、「たまたま重なっただけ」と強調したそうです。

目的としては、「偽造抵抗力強化の観点から約20年ごとに改札を行ってきた」ということだそうです。

 

何か日本円の刷新の規約があるのかもしれませんね。

 

デザインに関して

 

今回の改札では3Dや3Dホログラムなどの偽造防止技術が搭載されるそうです。額面の数字を大きくするなど、ユニバーサルデザインの考え方を踏まえた改札になります。

 

新日本円の貨幣と刷新される500円玉

 

10000円

 

説明

オモテ:渋沢栄一

ウラ:東京駅丸の内駅舎

 

渋沢栄一

1万円札のデザインの変更は1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来です。

日本の資本主義の確立に貢献したため

「日本資本主義の父」として10000円として起用されました。

 

 

 

5000円

 

説明

オモテ:津田梅子

ウラ:藤の花

 

津田梅子は津田塾大学の創始者で、特に女子の英語教育の指導に注力しました。5千円札は現在の樋口一葉に続き、女性の図柄となるそうです。

「日本初の女子留学生で、近代的な女子高等教育に尽力」した人として5000円に起用されました。

 

1000円

説明

 

オモテ:北里柴三郎

ウラ:葛飾北斎の代表作でもある浮世絵「富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」

 

北里柴三郎は日本における近代医学の父として知られており、感染症予防や細菌学の発展に大きく貢献しました。ペスト菌を発見した功績もあります。

 

 

500円

新貨幣刷新のタイミングに合わせて500円貨幣も変わるらしいです。

新しい500円貨幣は偽造防止のために素材を変更されるが、デザインは現行の500円玉を踏襲しているらしいです。2021年上期の発行を目指して準備を進めめているそうです。

 

また総務省にこれらの詳しい情報が書いてあります。

総務省HP

 

まとめ

 

日本円が刷新しても旧札が使えなくなるわけではないです。

ですが時間がたつにつれ認識が薄れていき、使えなってくるでしょう。新しい日本円がぜひ今後の日本の景気を良くしてくれることを願います。